×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

be動詞 中学英語 やり直し

LINEで送る

スポンサードリンク

be動詞とは

まずはbe動詞というものを理解しましょう。

 

 

be動詞というのは日本語でいうと「〜です、います」という意味になるもので、動詞には見えませんがれっきとした動詞です。これには次の種類があります。

 

 

<be動詞の種類>

現在形  : am, are, is
過去形  :  was, were
過去分詞:  been

 

 

これらの動詞が入っているときの文では否定文、疑問文の作り方はそれぞれ共通しています。
つまり「This is 〜」という文から「be動詞+〜ing」の現在進行形・過去進行形、「be動詞+過去分詞」の受動態など

 

 

「be動詞が入っている文」はすべて同じ決まりで考えればよいのです。

 

 

まずはこの「be動詞」というものをしっかり頭に入れておきましょう。
ここから英語の勉強が始まるといっても過言ではありません。

 

 

それでは次に「be動詞」が入っている文とその否定文や疑問文を見てみましょう。

 

 

次 be動詞の文の否定文

LINEで送る

スポンサードリンク