×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三人称単数 疑問文

LINEで送る

スポンサードリンク

主語が三人称単数の場合の疑問文

前のページの主語が三人称単数の否定文で否定文の説明をしましたが、そこで説明したことが理解できていれば疑問文でも同じです。

 

 

ここでは主語さ三人称単数の場合の「疑問文」について説明していきます。

 

 

否定文を作るときの一番のポイントは

 

「doesn't(does not) + 動詞の原形」

の形にする。

 

ということでした。
疑問文を作るときのポイントも同じです。

 

 

 

疑問文を作るときのポイントは、

 

「Does + 主語 + 動詞の原形」

の形にする。

 

 

こうなります。
ほとんど同じですね、例文で見てみましょう。

 

 

例)肯定文
「Nancy jogs every morning.」
(ナンシーは毎朝ジョギングをします)

 

   ↓

 

 疑問文
Does Nancy jog every morning?」
(ナンシーは毎朝ジョギングをしますか)

 

 

「Nancy」という主語の前に「Does」が来ています。
そしてその後ろには「jog」という一般動詞の原形が続いています。

 

 

この「jog」という動詞があまりなじみがないかもしれませんが、他の一般動詞でも同じですからね。

do と does

また、否定文の説明の中で「do と doesの違いはどこからうまれたのか」ということをお話しましたが覚えていますか?

 

 

ここでも同じ理由ですが、もう一度確認しておきましょう。

 

 

主語が三人称単数のときには「動詞を原形」にしますが、このときにそれまでついていた三単現のsが消えてしまいます。

 

 

一般動詞から消えた三単現のsが「Do」にくっついたものが、「Does」なのです。

 

 

「jog」に「s」がついているときはそのままsだけが付いた「jogs」でした。

 

 

しかし「do」の後ろに三単現のsがつくときは、『「s, o, x, sh, ch」の後ろでは「es」をつける』というルールがあるので「does」となっていました。

 

 

 

次 三人称単数の一般動詞の答え方

LINEで送る

スポンサードリンク