×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

動名詞の例外 不定詞と動名詞で意味が変わる動詞

LINEで送る

スポンサードリンク

動名詞の例外3 不定詞と動名詞で意味が変わる動詞

動名詞の例外4「不定詞と動名詞で意味が変わる動詞」

 

動名詞の形:「動詞+ing」
訳し方:  「〜すること」

 

 

前回までで
例外1 後ろに動名詞しか取れない動詞
例外2 後ろに不定詞しか取れない動詞

 

 

という話をしてきました。
今回は「動名詞と不定詞で意味が変わる動詞」の解説をしていきます。

不定詞と動名詞で意味が変わる動詞

【不定詞と動名詞で意味が変わる動詞】

 

stop 〜ing (〜するのをやめる)
stop to 〜 (〜するために立ち止まる)

 

remember 〜ing (〜したことを覚えている)
remember to 〜 (〜することを覚えている)

 

forget 〜ing (〜したことを忘れる)
forget to 〜 (〜することを忘れる)

 

 

例文を挙げてみていきます。

 

 

1 He stopped smoking.
(彼はタバコをすうのをやめました) 禁煙

 

この文ではstopの後ろに「動名詞」を使っているので「〜するのをやめる」という訳し方になります。

 

 

He stopped to smoke.
(彼はタバコをすうのために立ち止まりました) 喫煙

 

この文ではstopの後ろに「不定詞」を使っているので「〜するために立ち止まる」となります。

 

 

 

2 I remember seeing you seven years ago.
(私はあなたに7年前に会ったことを覚えています)

 

rememberの後ろに「動名詞」がきているので過去のことを表し「〜したことを覚えている」となります。

 

  I remember to see you tomorrow.
(私は明日あなたに会うことを覚えています)

 

rememberの後ろに「不定詞」がきているので未来のことを表し「〜することを覚えている」となります。

 

 

 

 

3 Don't forget posting the letter.
(手紙を出したことを忘れてはいけません)

 

forgetの後ろに「動名詞」がきているので過去のことを表し「〜したことを忘れる」となります。

 

  Don't forget to post the letter.
(手紙を出すことを忘れてはいけません)

 

forgetの後ろに「不定詞」がきているので未来のことを表し「〜することを忘れる」となります。.

 

 

次 動名詞の例外4) 前置詞の後ろは動名詞

LINEで送る

スポンサードリンク